TB(タッチボンド)工法研究会とは

平成7年1月17日に発生した兵庫県南部地震以降、管路には大きな地震動に対する耐震性が求められようになり、国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部においても下水道施設の早急な耐震化は重要施策の一つになっています。
「TB(タッチボンド)工法」は、ワンタッチジョイントによりコンクリート製品どうしを瞬時に接続し、高弾性接着剤で接着接合することによりコンクリート製品間の継手部を柔軟な構造にして、レベル2地震時の地盤の変位に自在に追随できるボックスカルバートなどの水路用、通路用コンクリート製品の継手工法です。平成19年6月にNETIS(新技術情報提供システム)に登録し、平成20年10月に財団法人 先端建設技術センターにおいて建設技術審査証明を取得し、技術の優位性が証明されました。
そして技術審査証明の取得を機に平成20年11月、本技術に賛同する29社によりTB(タッチボンド)工法研究会を設立して全国展開を図るとともに、本工法の適用範囲の拡大を図るために平成23年3月には開発・改良した技術内容に変更して技術審査証明を更新しています。
TB工法は、施工においては作業工数を削減して、工期の短縮、工事費の低減が図れ、性能においては新規開発の高弾性接着剤により完璧な水密性とレベル2地震動に対応する耐震性を、しかも他工法では対応できない曲線部や断面変化部にも与えられる画期的な継手工法です。
本研究会は、これらTB工法の特長を活かし、耐震性に優れた安全・安心なインフラを供給することを目的として、TB工法および研究会の更なる発展を推し進めています。

研究会データ

協会名 TB(タッチボンド)工法研究会
所在地 東京都中央区築地1丁目8番2号
TEL 03-3542-1201
FAX 03-3545-1207

アクセスマップ

Google Maps を読み込めません。管理画面で正しい住所が設定されているか確認してください。